ナコルルの場合

 

 

「はぁっ、はぁっ・・・はぁっ・・・はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・はぁっ、はぁっ、はぁっ」
 荒い息を吐いて悶える私。
 まるで犬のようだけれど、これが私。
 ミヅキ様におちんちんを付けていただいた、私。
 まだ付いてからそれほど間を置いてないのに、まるで前から付いていたかのようにお気に入りの・・・・・・私の、おちんちん。
 最初から、拒絶はしていなかったのだと思う。
 多分・・・・・・私・・・これ・・・・・・欲しかったんだって・・・すぐに思ったから・・・。
「おちんちんっ・・・おちんぽっ・・・ちんぽっ・・・」
 口に出すと恥ずかしいのに、それが気持ちいい。
 “ちんぽ”なんて言うたびに、私のコレは涎を垂らしてビクンビクンって反応するの。
 私はこれに支配されてしまったのかもしれない。
 ミヅキ様にはもう私は支配されているけれど・・・・・・身体も、このちんぽも・・・。
「はぁっ、はぁぁぁ・・・・」
 ちょっと触るだけで気持ち良くて、両手で握ってしごくともっと気持ちいいの・・・。
「ミヅキッ・・・ひゃまぁ・・・」
 いつもは精液をミヅキ様の為に溜めなきゃいけないんだけど、今日はミヅキ様が「オナニーしてもいい」って、許可を下さった・・・。
 だから、私は自慰にふける。
 ミヅキ様はそれを望んでいるし、私もこのおちんちんでオナニーしたくて仕方がなかったから、とても嬉しいの。
 だって、私のオナニーをミヅキ様が見てるって思うとっ・・・思うとぉ・・・。
 それにもしミヅキ様が私をオカズにあの巨根をしごいてオナニーしてたらって思うとっ・・・もう・・・・・・もうっ!
「だめぇっ!」
 びちゃっ・・・どっぷ、どぷどぷどぷうぅっ!
「ひゃぁっ、ちんぽっ、ちんぽ気持ちいいよぉっ、おちんちんっ、ペニスぅぅっ! ドクドク出るぅぅ・・・」
 数日間我慢させられた私のおちんちんは爆発すると自分でも驚くくらい精液が弾けちゃうの。
 色さんには流石に負けるけど、シャルロットさんより量も回数も多いのっ・・・。
 前にちんぽとちんぽを擦り合わせたときに先に失神したのがシャルロットさんだから、解るのっ・・・。
 あの時の事を思い出すと、また興奮してきちゃう・・・ミヅキ様の見ている前でシャルロットさんとチンポを擦り合わせて、シャルロットさんが失神した後も私はチンポを擦り合わせてた・・・。
 ご褒美にミヅキ様からちんぽをしゃぶられて・・・私、精液がカラッポになるまでイキまくっちゃった。
「またっ、また来るぅ・・・ナコルルのっ、ナコルルのおちんぽ壊れちゃうぅぅ・・・!」
 多分、今、私はとてもいやらしい顔をしているのだと思う。
 だって・・・ちんぽ・・・気持ちいいから・・・。
 気持ちいいっ・・・。
 オナニーに夢中になると、頭の中がドロドロに溶けてちんぽの事しか考えられなくなって・・・ちんぽの事を思ってオナニーしてるんだ。
「ちんぽっ・・・らめっ、らめぇ・・・おちんぽまたイクぅ・・・ちんぽがイクのっ・・・出るっ、射精がっ、ちんぽぉっ!」
 どっぷっ、どぷどぷどぷっ・・・。
 尿道を押し広げてっ・・・白いのが・・・登ってくるの・・・。
 ズルズルって上ってきて、入り口を無理矢理こじ開けて、そとにっ・・・外に弾けるのッ!
 びゅっ・・・びゅぱっ・・・・どくびゅるぅっ・・・。
「欲しいっ、欲しいよぉっ・・・もっと、もっと大きいチンポ欲しいっ、ミヅキ様みたいな、ちんぽっ! 巨根ちんぽが欲しいよぉっ! 大きいチンポでオナニーしたいよぉっ」
 今だって充分気持ちいいのに、ミヅキ様みたいなちんぽが私についたらどうなってしまうんだろう?
 勃起するだけでビキビキに苦しくて、気持ち良くて我慢できなくて、きっと、1日中オナニーばかりしてミヅキ様に巨根でおしおきされちゃうんだ・・・。
 巨根でめいっぱいおしおきされて・・・巨根ちんぽで・・・・・・され・・・て・・・。
 されたいよぉっ・・・。
「ちんぽっ、気持ちいいのっ、チンポがいいのっ、ミヅキ様ぁ、誰かぁ、ナコルルのちんぽ虐めてぇ・・・ちんぽ犯してぇぇっ・・・!」
 またカラッポになるまで射精しちゃう。
 ミヅキ様が何処かで見てるのに・・・・・・。
 ううん、違う。
 ミヅキ様が見てるから、ナコルルは射精しまくっちゃうのっ・・・!

 

exit